「合口(あいくち)」は、漢字の「合」と「口」から成る言葉で、物事や人柄が調和しているさまを表します。具体的には、人との交流やコミュニケーションにおいて、心の通った良好な関係が築かれ、意見や感情が共有されている状態を指します。また、音楽や芸術作品においても、各要素が調和しているさまを表すことがあります。

一方で、「合口(がっこう)」という言葉も存在しますが、これは詩歌の技法のひとつで、上の句と下の句の最後の音が同じになるように言葉を選び、両句が一体となる効果を生み出すことを指します。

スポンサードリンク

合口の例文と使い方とは

「合口」の例文と使い方をいくつか紹介します。

彼女との会話はいつも合口がいい。
→「合口がいい」とは、会話がスムーズで意見や感情が共有されており、良好な関係が築かれていることを表します。

この絵は色彩や構図がとても調和している。全体として合口がいいと思う。
→「合口がいい」とは、色彩や構図が調和しており、見た目が美しくバランスが取れていることを表します。

この俳句は季語や切れ字、そして合口のルールを守りながら、自由な発想で詠み出されている。
→「合口」とは、俳句の一つの技法であり、詩句が調和していることを表します。

以上のように、「合口」は、人間関係や芸術作品、詩歌など、様々な分野で用いられます。

合口の語源とは

「合口(がっこう)」の語源については諸説ありますが、一般的には、和歌の詠み人である「歌人(うたびと)」たちが、詩句を交わす際に、詩句の結びの言葉を同じ音にすることで、詩句同士を結びつける技法を編み出したとされています。この技法を指して「合口」という言葉が用いられるようになったとされています。

また、「合口」は、音や意味が調和していることを表す言葉であり、音楽や芸術作品、人間関係など、さまざまな分野で用いられますが、その語源については明確にわかっているわけではありません。

合口の対義語、または反対語に近い言葉とは

「合口」という言葉には対義語や反対語は存在しませんが、意味的に対立する言葉として考えられるのは「不一致」「相違」「食い違い」などです。これらの言葉は、合わせることができないもの同士の関係を表しています。

合口の同義語、類義語とは

「合口」の同義語や類義語として考えられる言葉には、以下のようなものがあります。

一致(いっち):意見や考え方が一致していることを表します。
調和(ちょうわ):対立するものが調和していることを表します。
一体感(いったいかん):集団や組織の中で一体となっている感覚を表します。
連帯感(れんたいかん):共通の目的や利益を持って結束している感覚を表します。
協調(きょうちょう):複数の人や組織が協力して行動することを表します。
これらの言葉は、「合口」と同じように、人や集団などが一つの方向に向かって協力している様子を表現する言葉として使われることがあります。

記事一覧

馬車が主流だった時代の食生活とはどのようなものなのか
猫をペットとして飼うようになったのはいつ頃からなのか
合印の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
アクリル樹脂は何がきっかけで発見できたのか
眼鏡が一般的に使われ始めたのはいつ頃からなのか
宗教が生まれたのはいつ頃からなのか
サイコロが最初に作られたのはいつ頃なのか
哀感の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
哀願の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
愛飲の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
相合い傘の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
入学式の定番曲といえば一般的なものからマイナーなものまでどのようなものがあるのか
アーガイルチェックの意味とは
CMが正式に放送されたのはいつ頃なのか
合鍵の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
介護保険制度の改正がきまったのはいつ
哀歓の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
哀歌の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
アーガイルの意味とは
愛玩の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
入学式で欠席せざるをえない時、気をつけることと準備することとは
フォークボールのフォークの意味とは