「合鍵」とは、同じ形状の鍵が複数あることを意味する言葉で、一つの鍵で複数の施錠装置を開錠できる鍵のことを指します。つまり、同じ形状の鍵が複数あることで、複数のドアや鍵穴を一つの鍵で開けることができるということです。例えば、アパートやマンションの玄関ドアなど、同じ形状の鍵で開閉することができる施錠装置に用いられることが多いです。ただし、合鍵を利用する場合、他人が自分の鍵で自分の家に勝手に入る可能性があるため、セキュリティ上のリスクがあることに注意が必要です。

スポンサードリンク

合鍵の例文と使い方とは

以下は「合鍵」の例文と使い方の一例です。

例文:私はアパートに住んでいるので、大家さんから合鍵を渡されました。

使い方:アパートやマンションなど、複数の住居がある建物には、玄関ドアに施された施錠装置があります。この施錠装置には同じ形状の鍵を使うことができるため、大家さんや管理人など、必要な人物には合鍵を渡すことがあります。合鍵を持っている人は、自分の部屋だけでなく、他の住人の部屋にも入ることができるため、注意が必要です。

合鍵の語源とは

「合鍵」の語源は、鍵の形状が同じで複数の施錠装置に使えることから、「合わせることができる鍵」という意味で生まれたとされています。具体的な語源や由来については詳しくは不明ですが、日本語としては比較的新しい言葉であり、明治時代以降に用いられるようになったと考えられています。

合鍵の対義語、または反対語に近い言葉とは

「合鍵」の対義語や反対語というよりも、「個別鍵(こべつかぎ)」という言葉が対比的な表現として使われることがあります。個別鍵は、一つの鍵が一つの施錠装置にのみ使用される鍵のことを指し、合鍵とは異なり、一つの鍵で複数の施錠装置を開けることができません。例えば、自宅の玄関ドアについている施錠装置の鍵は、自分の家のみで使用されるため、個別鍵と呼ぶことができます。

記事一覧

介護保険制度の改正がきまったのはいつ
相方の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
鉛筆の由来と作り方とは
合縁奇縁の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
合着の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
愛玩の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
鉛筆を発明するきっかけとなる出来事とは
相客の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
匕首の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
哀感の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
入学式にやってはいけないことといえばどのようなものなのか
合気道の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
合印の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
製薬会社が生まれたきっかけはなんなのか
フォークボールのフォークの意味とは
合い印の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
愛飲の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
自転車が発明されたのはいつ頃なのか
セロハンテープが一般的に使われるようになったのはいつ頃からなのか
CMが正式に放送されたのはいつ頃なのか
入学式でネックレスを身につける時の基本的なマナーとは
馬車が主流だった時代の食生活とはどのようなものなのか