「愛敬(あいきょう)」は、人柄や言動が愛らしく、親しみやすい様子を表す言葉です。人を和ませるような、明るくて素直な態度や性格を意味します。また、「愛嬌(あいきょう)」とも書きます。

スポンサードリンク

愛敬の例文と使い方とは

「愛敬」の例文と使い方をいくつか紹介します。

例文1:彼女は愛敬のある人柄で、周りの人たちからとても愛されている。

使い方:「愛敬のある」という形で使われています。「愛敬のある人柄」は、人柄が明るく、親しみやすいことを表しています。

例文2:あの店の店員さんはとても愛敬があって、いつも明るい笑顔で接客してくれる。

使い方:「愛敬がある」という形で使われています。「愛敬がある」とは、明るくて愛らしい印象を与える様子を指します。

愛敬の語源とは

「愛敬」という言葉は、日本語の成句であり、元々は漢字表記の「愛嬌」(あいきょう)という言葉から来ています。漢字の「愛」は「心から好きで大切に思う」という意味で、「嬌」は「可愛らしさや愛らしさがある」という意味があります。つまり、「愛嬌」とは、人を惹きつける愛らしい魅力や、愛情深い態度を表す言葉です。

一方で、「愛敬」は、「愛想がよく、親しみやすい態度」を表す言葉として使われます。この言葉が生まれた背景には、「愛嬌」から派生して、「愛想がよくて親しみやすい」という意味合いで使われるようになったとされています。

愛敬の対義語、または反対語に近い言葉とは

愛敬の対義語や反対語としては、「不愛想」(ふあいそう)、「無愛想」(ぶあいそう)、「冷淡」(れいたん)、「無感情」(むかんじょう)などがあります。

これらの言葉は、愛敬の持つ「愛想がよく、親しみやすい態度」とは対照的な意味を持ちます。不愛想や無愛想は、感情や態度を表に出さず、人との交流を避ける態度を指し、冷淡や無感情は、感情表現が乏しく、他人に対して深い関心や思いやりを示さない態度を表します。

愛敬の同義語、類義語とは

愛敬の同義語や類義語としては、「愛想」(あいそう)、 「親しみ」(したしみ)、 「人当たりがいい」、 「愛されキャラ」などが挙げられます。

これらの言葉は、愛敬と同様に、人に親しみやすく、好感を持たれるような態度や性格を表現する言葉です。例えば、愛想は、人に対して好意的な態度や言葉をかけることを指し、親しみは、人との距離感が近く、親密な関係を持っていることを表します。また、「人当たりがいい」は、誰に対しても親しみやすく接することができる態度を表し、「愛されキャラ」は、人々に愛されるようなキャラクターや魅力的な性格を指します。

記事一覧

藍の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
相変わらずの意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
合縁奇縁の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
入学式で父親が着ていく一般的な服装はどのようなものなのか
馬車が主流だった時代の食生活とはどのようなものなのか
セロハンテープが一般的に使われるようになったのはいつ頃からなのか
入社式で気をつけるべきことと用意すべきこととは
愛飲の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
合気道の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
アーガスの意味とは
仕事がうまくいく方法とは
合着の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
プラスチックが生まれたのはいつ頃からなのか
在宅介護ができるようになったきっかけと年月はいつなのか
合い印の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
犬をペットとして飼うようになったのはいつ頃からなのか
相生の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
愛煙の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
嗚呼の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
合印の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
糸が作られるようになり一般的に出回ったのはいつ頃からなのか
製薬会社が生まれたきっかけはなんなのか