「合印」という言葉は、複数の人が同意したことを示す印のことを指します。例えば、複数の人が契約書に署名し、その最後に代表者が「合印」という印を押すことで、契約が成立したことを示すことができます。

また、法律文書などでよく使われる用語であり、複数の人が同意したことを示すことで、契約などの法的効力が発生することを示します。

スポンサードリンク

合印の例文と使い方とは

以下に、「合印」の例文と使い方を示します。

例文:
「この契約書は、甲と乙の双方が署名し、最後に代表者が合印を押すことで成立するものとします。」

このように、「合印」は、複数の人が同意したことを示すために使用されます。例えば、上記の例文では、契約書に署名するだけではなく、最後に代表者が「合印」を押すことで、契約が成立することが示されています。

また、「合印」は、法律文書などでよく使用される用語でもあります。例えば、複数の人が契約書に署名し、最後に代表者が「合印」を押すことで、契約が法的効力を持つことが保証されます。

合印の語源とは

「合印」の語源については明確な資料がありませんが、一般的に、複数の人が同意したことを示すために使用される印章のことを指す言葉とされています。

古代中国や日本では、公文書に官印を押すことで、その文書が公式に認められたものとなりました。その後、個人の認印や家紋印なども登場し、時代が下るにつれて、様々な印章が使用されるようになりました。そして、「合印」という言葉が使われるようになったのは、複数の人が同意したことを示すための印章として使用されるようになった時期からだと考えられます。

合印の対義語、または反対語に近い言葉とは

「合印」に対して、対義語や反対語に近い言葉として考えられるのは、「不完全」「不備」「不合格」「不適切」などです。これらの言葉は、「合印」とは対立する意味を持っています。例えば、印鑑の場合であれば、「合印」がついた印鑑は「完全な印鑑」であり、それに対して「不完全な印鑑」という言葉が対義語や反対語に近い言葉として考えられます。

記事一覧

入学式の定番曲といえば一般的なものからマイナーなものまでどのようなものがあるのか
介護保険制度の改正がきまったのはいつ
日本で使われていた鎧はどれほどの鉄砲まで防げるのか
入学式でネックレスを身につける時の基本的なマナーとは
合い印の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
入学式で父親が着ていく一般的な服装はどのようなものなのか
入社式で気をつけるべきことと用意すべきこととは
相客の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
合鍵の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
眼鏡が一般的に使われ始めたのはいつ頃からなのか
入学式で欠席せざるをえない時、気をつけることと準備することとは
藍の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
プラスチックが生まれたのはいつ頃からなのか
リサイクルショップはいつ頃から普及し始めたのか
サイコロが最初に作られたのはいつ頃なのか
愛郷の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
哀歓の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
哀感の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
アクリル樹脂は何がきっかけで発見できたのか
愛玩の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
合口の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
入学式の訪問者の服装として気をつけるべきこととは