「合縁奇縁(がっえんきえん)」は、出会いや縁というものは、不思議なものであり、人と人とのつながりには必然的なものと偶然的なものが混在しているという意味を表します。つまり、人との縁は必然的なものと偶然的なものが入り混じっているため、不思議な縁が結ばれることがあるということを言います。

スポンサードリンク

合縁奇縁の例文と使い方とは

「合縁奇縁」の例文と使い方をいくつか紹介します。

例文1:二人が結婚するなんて、まさに合縁奇縁ですね。

意味:二人が結婚することが、偶然で不思議な縁であるということを表しています。
例文2:彼と出会ったのも偶然の産物だったけれど、彼との出会いが人生を変えたと思うと、合縁奇縁という言葉がピッタリきます。

意味:彼と出会ったのが偶然だったけれど、その出会いが人生を変えたということを表しています。
例文3:私たちは違う国で生まれ育ったけれど、共通の趣味があったことで知り合い、今では一生の友達です。合縁奇縁だと思います。

意味:違う国で生まれ育ったにもかかわらず、共通の趣味がきっかけで知り合い、今では一生の友達になったということを表しています。
「合縁奇縁」は、偶然の出会いや縁で結ばれることを表現する言葉です。

合縁奇縁の語源とは

「合縁奇縁」の語源については明確ではありませんが、以下のような説があります。

一説によると、「合縁奇縁」は、中国の古典である「庄子」の中に登場する言葉「嘘つき同士、必ずかみ合う。真実を話す者と嘘をつく者が出会うと必ず奇妙な縁で結ばれる」という一節から来ているとされています。

また、「合縁奇縁」の「合縁」とは、縁起や縁結びの意味があり、縁が合うことを表しています。一方、「奇縁」とは、奇妙な縁の意味があり、予想もしなかった縁が結ばれることを表しています。

このように、「合縁奇縁」は、縁が合わない人同士でも、運命的な出会いを経て、奇妙な縁で結ばれることを表現した言葉として、古くから用いられているとされています。

合縁奇縁の対義語、または反対語に近い言葉とは

「合縁奇縁」に対義語があるわけではありませんが、関連する言葉として「縁遠い(えんとおい)」があります。これは、縁がなく、関係が遠いという意味で、「合縁奇縁」とは反対の意味を持っています。

記事一覧

藍の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
合鍵の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
愛郷の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
日本で使われていた鎧はどれほどの鉄砲まで防げるのか
猫をペットとして飼うようになったのはいつ頃からなのか
合い印の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
自転車が発明されたのはいつ頃なのか
宗教が生まれたのはいつ頃からなのか
哀歓の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
相変わらずの意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
眼鏡が一般的に使われ始めたのはいつ頃からなのか
合印の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
入学式の定番曲といえば一般的なものからマイナーなものまでどのようなものがあるのか
哀願の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
犬をペットとして飼うようになったのはいつ頃からなのか
アーガスカメラの意味とは
鉛筆を発明するきっかけとなる出来事とは
入学式で父親が着ていく一般的な服装はどのようなものなのか
爪切りが一般的に出回ったのはいつ頃なのか
愛敬の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
相打ちの意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
プラスチックが生まれたのはいつ頃からなのか