「相変わらず」とは、「以前と同様に、変わらずに」という意味です。何かが継続していることを表現するために使われます。例えば、「彼女は相変わらず美しい」という文では、彼女が以前と同様に美しいままであることを表現しています。

スポンサードリンク

相変わらずの例文と使い方とは

「相変わらず」は、状況や状態が以前と同じであることを表現するときに使われます。以下に例文と使い方を示します。

彼女は相変わらず元気だ。
→ 彼女は以前と同様に元気であることを表現しています。

この店のラーメンは相変わらず美味しい。
→ この店のラーメンが以前と同様に美味しいままであることを表現しています。

彼は相変わらず怠惰だ。
→ 彼が以前と同様に怠惰であることを表現しています。

私たちの関係は相変わらず良好だ。
→ 私たちの関係が以前と同様に良好であることを表現しています。

彼は相変わらず遅刻する。
→ 彼が以前と同様に遅刻することを表現しています。

「相変わらず」は、状況や状態が以前と同じであることを表現するために使われる表現です。前置詞として「は」をつけて使います。

相変わらずの語源とは

「相変わらず」の語源については諸説ありますが、一般的には次のような説があります。

1.「相変わらず」は、「相」(あい)、「変」(かわ)、「らず」(ない)から成り立っています。つまり、「あいかわらず」とも書き、「変わらずに」という意味です。

「相変わらず」の語源は、江戸時代の俳諧師である松尾芭蕉の句「草枕 相変わらずの月と見れば」に由来するとする説もあります。この句は、芭蕉が草枕を使って寝たとき、窓から見える月が以前と変わらず美しかったことを詠んだもので、「相変わらず」が言葉の定着につながったとされています。
どちらの説が正しいかは定かではありませんが、現代日本語においては広く使われる表現のひとつとなっています。

相変わらずの対義語、または反対語に近い言葉とは

「相変わらず」の対義語や反対語には、以下のような表現が考えられます。

新しく – 状況や状態が以前とは違って新しい状況や状態になったことを表現する言葉。

今までとは違って – 状況や状態が以前とは違う方向に変化したことを表現する言葉。

変わった – 状況や状態が以前とは異なって変化したことを表現する言葉。

従来とは異なる – 状況や状態が従来とは異なっていることを表現する言葉。

これらの表現は、「相変わらず」と対比させることで、状況や状態が変化したことを表現することができます。

相変わらずの同義語、類義語とは

「相変わらず」の同義語や類義語には、以下のような表現が考えられます。

いつも通り – 状況や状態がいつも通りであることを表現する言葉。

以前と同じように – 状況や状態が以前と同じであることを表現する言葉。

変わらず – 状況や状態が変わらずに続いていることを表現する言葉。

安定して – 状況や状態が安定して続いていることを表現する言葉。

これらの表現は、「相変わらず」と同様に、状況や状態が変化していないことを表現することができます。ただし、それぞれの表現には微妙なニュアンスの違いがあるため、文脈に合わせて使い分ける必要があります。

記事一覧

糸が作られるようになり一般的に出回ったのはいつ頃からなのか
合印の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
日本で使われていた鎧はどれほどの鉄砲まで防げるのか
入学式の訪問者の服装として気をつけるべきこととは
相客の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
鉛筆を発明するきっかけとなる出来事とは
製薬会社が生まれたきっかけはなんなのか
アーガスカメラの意味とは
プラスチックが生まれたのはいつ頃からなのか
合い印の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
愛の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
合口の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
CMが正式に放送されたのはいつ頃なのか
哀歌の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
在宅介護ができるようになったきっかけと年月はいつなのか
入学式はどんな服装が好ましく当たり障りないのか
哀感の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
相方の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
相生の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
セロハンテープが一般的に使われるようになったのはいつ頃からなのか
愛煙の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
合気道の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】