「相合い傘」とは、2人が1つの傘を共有して雨宿りをすることを指します。一般的には、2人の仲が良く、愛情が深いことを表すシンボルとして用いられます。

また、「相合い傘」は、日本の伝統文化にも深く根付いており、江戸時代には歌舞伎や浄瑠璃などの演目でしばしば描かれました。近年では、恋人同士や友人同士など、様々な関係性の人々が、おしゃれな相合い傘を使って街を歩く光景も見られます。

ただし、雨宿りという状況は、本来は不快なものであり、二人が一つの傘を使うことで、ある程度の苦痛を分かち合うことから、相手を思いやる心が表現されるとも言われています。

スポンサードリンク

相合い傘の例文と使い方とは

「相合い傘」の例文と使い方の一例を以下に示します。

【例文】
彼女と雨の日に出かけたとき、急に雨が降り出しました。そこで、私たちは相合い傘をしました。
(When I went out with my girlfriend on a rainy day, it suddenly started raining. So we shared an umbrella together.)

【使い方】
「相合い傘」は、主に二人が仲良く、愛情が深いことを表現するために使われます。例えば、恋人同士で相合い傘をする場合、「相合い傘の下、キスをする」という言葉があり、2人のロマンチックな雰囲気を表現する言葉として使われます。また、友人同士でも相合い傘をすることで、親密な関係を表現することがあります。ただし、相合い傘は、日本独自の文化であるため、海外ではあまり馴染みがないことがあります。

相合い傘の語源とは

「相合い傘」の語源については諸説ありますが、一般的には以下のような説があります。

「相合い傘」は、元々「相分かれ傘」という言葉が由来となっているという説があります。江戸時代の初期には、一本の傘を2人で使い、傘を上下に分ける「相分かれ傘」という習慣があったとされています。その後、この「相分かれ傘」が「相合い傘」と呼ばれるようになったと言われています。

別の説としては、平安時代に宮中で行われていた「占いの儀式」に由来するとされています。この儀式では、2人が1つの傘を共有し、その先端に各自の名前を書いた札を取り付けて、傘を立てた状態で置くと、傘が相手の方向を向いた場合、両者の相性が良いとされました。このように、傘を共有することが良い縁起物として、後に「相合い傘」と呼ばれるようになったという説があります。

いずれにせよ、「相合い傘」は、日本の伝統文化に根付いた言葉であることは間違いありません。

相合い傘の対義語、または反対語に近い言葉とは

「相合い傘」の対義語や反対語に近い言葉は、特にありません。ただ、「相合い傘」が二人が仲良く、愛情が深いことを表現する言葉であるように、その逆の意味で「不仲な二人が一つの傘を共有する」という表現がある場合があります。また、「相合い傘」が2人以上で1つの傘を共有することを表す言葉であることから、1人で傘をさす「独り傘」や、複数人でそれぞれ別々の傘をさす「別傘」という言葉が対比的に用いられることもあります。

記事一覧

入学式はどんな服装が好ましく当たり障りないのか
鉛筆を発明するきっかけとなる出来事とは
アーガイルチェックの意味とは
仕事がうまくいく方法とは
愛煙の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
哀歌の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
糸が作られるようになり一般的に出回ったのはいつ頃からなのか
フォークボールのフォークの意味とは
CMが正式に放送されたのはいつ頃なのか
匕首の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
愛玩の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
入学式の訪問者の服装として気をつけるべきこととは
介護保険制度の改正がきまったのはいつ
入学式で父親が着ていく一般的な服装はどのようなものなのか
宗教が生まれたのはいつ頃からなのか
相変わらずの意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
相客の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
アクリル樹脂は何がきっかけで発見できたのか
入学式で欠席せざるをえない時、気をつけることと準備することとは
アーガイルの意味とは
日本で使われていた鎧はどれほどの鉄砲まで防げるのか
入学式で気をつけるべきことと準備するべきこととは