「アーガス」は、ギリシャ神話に登場する神々の一柱で、目が100個あるとされる怪物のような姿をしていました。彼は、その目を全て使って見渡し、見逃すことのない神として知られています。

また、「アーガス」は、英語圏で「監視する人、見張り役」という意味合いで使われることもあります。例えば、警備員や監視カメラなど、あらゆる監視・見張り活動に関連した職業や機器の名称に使われることがあります。

スポンサードリンク

記事一覧

馬車が主流だった時代の食生活とはどのようなものなのか
入学式の挨拶の仕方や例文とは
哀歓の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
セロハンテープが一般的に使われるようになったのはいつ頃からなのか
愛の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
合気道の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
相変わらずの意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
爪切りが一般的に出回ったのはいつ頃なのか
入学式の訪問者の服装として気をつけるべきこととは
合鍵の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
アクリル樹脂は何がきっかけで発見できたのか
介護保険制度の改正がきまったのはいつ
アーガイルの意味とは
入学式で欠席せざるをえない時、気をつけることと準備することとは
眼鏡が一般的に使われ始めたのはいつ頃からなのか
リサイクルショップはいつ頃から普及し始めたのか
合い印の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
入学式の定番曲といえば一般的なものからマイナーなものまでどのようなものがあるのか
哀感の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
在宅介護ができるようになったきっかけと年月はいつなのか
ハサミが世の中に普及し始めたのはいつ頃なのか
鉛筆の由来と作り方とは