アクリル樹脂は、1912年にドイツの化学者オットー・ローラーによって偶然発見されました。当時、ローラーはアクリル酸メチルを合成していた際、反応が不完全であったため、不純物を取り除くために再結晶化を試みました。その際、溶媒を急速に蒸発させることで結晶が得られましたが、この結晶は通常のアクリル酸メチルとは異なる物性を示すものでした。この結晶はのちにアクリル樹脂として知られるようになり、現在でもさまざまな分野で使用されています。

スポンサードリンク

記事一覧

忘年会に呼ばれない一般的な理由とは
数十kmの建造物を建てる際地球の丸さを考えて建築をするのか
記憶力の低下によるストレスはどれほどの効果があるのか
寝ながらスマホを見ることによる健康の効果とは
エドはるみ慶應義塾大学院入学今後の目標は?過去の持ちネタは?
怒りを抑える具体的な方法とは
ギャルゲーをするメリットとデメリットとは
寝たきりによってうんちが出ない場合、解消する方法とは
怒りっぽいときに不足が予想される栄養とは
髪の脱色に使われている物質はどのようなものなのか
AIで画像作成できる方法とは
哀願の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
栄養失調の状態でカロナールを服用するとどれほどカラダに悪いのか
インターネットやAIが豊富な現代社会で、効率的にすぐお金を稼ぎたい、手に入れたい時、もっとも効率的な仕事とは
合印の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
眼鏡が一般的に使われ始めたのはいつ頃からなのか
哀歓の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
紅茶とコーヒーの健康による効果の違いとは
車が普及してからの推移とは?保有台数を1900から10年ごとの数値で比較
犬と人間の違いとは
愛敬の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
リサイクルショップはいつ頃から普及し始めたのか