「合い印(あいじるし)」とは、建築や工事現場で、何らかの部材や部品などを合わせる位置を示すために、それぞれの部材や部品につけられる印のことを指します。建築現場では、壁や柱、床などの部材を組み立てる際に、部材同士が正確に合わさるように、あらかじめ「合い印」をつけることで、誤差を防いだり、作業をスムーズに進めることができます。また、工事現場でも同様に、部品同士が正確に合わさるように、合い印をつけることで精度を確保することができます。

スポンサードリンク

合い印の例文と使い方とは

「合い印」の例文と使い方をいくつか紹介します。

建築現場で、大工さんが壁を組み立てる前に、部材に合い印をつけました。
工事現場で、作業員がパイプをつなぐ際に、パイプの両端に合い印をつけて精度を確保しました。
DIYで本棚を作る場合、部材に合い印をつけて正確に組み立てることが大切です。
工場で機械を組み立てる際には、部品に合い印をつけることで、効率的に生産することができます。
これらの例文からもわかるように、「合い印」は、建築や工事現場に限らず、さまざまな場面で使われることがあります。

合い印の語源とは

「合い印」の語源については明確な由来があるわけではありませんが、その意味から想像することができます。

「合い印」の「合い」という部分は、「合わせる」という意味があります。そして、「印」は、「しるし」という意味があります。つまり、「合い印」とは、部材や部品を合わせる位置につける印のことであり、その印が正確に合わせることを示す「しるし」としての役割を果たしているわけです。

合い印の対義語、または反対語に近い言葉とは

「合い印」の対義語や反対語にあたる言葉としては、以下のようなものが考えられます。

「外れ」:「合い印」がつけられた部材や部品が合わない場合、それは「外れ」の可能性があります。「外れ」は、「合わない」「ずれている」という意味があります。
「不一致」:「合い印」がつけられた部材や部品が合わない場合、それは「不一致」の可能性があります。「不一致」は、「一致しない」「合わない」という意味があります。
「ズレ」:「合い印」がつけられた部材や部品が合わない場合、それは「ズレ」の可能性があります。「ズレ」は、「ずれている」「位置が合わない」という意味があります。
以上の言葉は、すべて「合い印」とは対立する意味を持っています。

記事一覧

CMが正式に放送されたのはいつ頃なのか
鉛筆を発明するきっかけとなる出来事とは
入学式で気をつけるべきことと準備するべきこととは
猫をペットとして飼うようになったのはいつ頃からなのか
相合い傘の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
ハサミが世の中に普及し始めたのはいつ頃なのか
宗教が生まれたのはいつ頃からなのか
鉛筆の由来と作り方とは
入学式でネックレスを身につける時の基本的なマナーとは
哀歓の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
仕事がうまくいく方法とは
相生の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
馬車が主流だった時代の食生活とはどのようなものなのか
サイコロが最初に作られたのはいつ頃なのか
アーガイルの意味とは
アクリル樹脂は何がきっかけで発見できたのか
相変わらずの意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】【同義語・類義語】
プラスチックが生まれたのはいつ頃からなのか
入学式の訪問者の服装として気をつけるべきこととは
リサイクルショップはいつ頃から普及し始めたのか
合印の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】
愛飲の意味とは【例文・使い方・語源】【対義語・反対語】